花暦(はなごよみ)でえらぶ季節の花 vol.2 イースター

花によって異なる花暦。 第2回目はイースターのオススメ商品をご紹介いたします。

今年のイースターは4月17日

近年、店舗や商業施設でもイースターの装飾をするところが増えてきました。
イースターとは、日本語訳で「復活祭」。
十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが三日後に復活したことを祝うお祭りです。
シンボルとなっているのが「イースターエッグ」と「イースターバニー」、
生命の誕生を象徴する卵と豊穣と繁栄を象徴するウサギがイースターの2大モチーフとなっています。

最近日本でも徐々に盛り上がりをみせているイースター。
春の彩り溢れる季節を楽しむイベントとして、店舗装飾や商品販促、パーティー演出などで 需要が高まってきています。
今回はイースターの演出におすすめの雑貨やフラワーをご紹介いたします。


◇エッグアレンジ◇
イースターに欠かせない卵をモチーフにした器でのアレンジ、
使うお花も卵をイメージして、コロンとかわいらしい丸いフォルムのラナンキュラスやバラを選んで合わせています。
明るめのパステルカラーを使用することで春らしさも演出することができます。





《POINT》
ワイヤーエッグは透け感を演出できる分、アレンジの土台が見えてしまうので、
モスやラッピングペーパーなどで土台を隠していきましょう。
今回は、選んだお花と同系色のやわらかいピンクのラッピングペーパーをセレクト。
ふんわり包み込むように配置することで、卵の丸いフォルムをよりかわいらしく表現できます。




《使用花器》



左から
TNA40370 ワイヤーエッグ小 ホワイト ¥560(税抜)
TNA40369 ワイヤーエッグ大 ホワイト ¥800(税抜)



左から
MMASP984 エッグポットS ¥240(税抜)
MMASP987 ワイドエッグポットM ¥300(税抜)




◇イースターオススメ花材◇

イースターの時期、キリスト教圏の国では様々に彩られたイースターエッグを飾って盛大にお祝いをします。
カラフルにペイントされたイースターエッグを表現するように、アレンジに使用する花材も春らしい華やかで明るい色合いを選ぶことがポイントです。

ナチュラルなイメージを与えるグリーンもおすすめです。 ミントやローズマリーなどのハーブ系は、春のディスプレイにも大変人気があります。

お気に入りの器でアレンジをするならエッグピックが便利です。 ピックタイプなら手軽にイースターを取り入れることができます。

イースターにはうさぎも欠かせないですね!
愛らしい表情のうさぎの置物もご用意しております。
小さな花かんむりをのせ、ミニブーケを持たせてアレンジしてみました。


YKBTS14 ラビット・ホーランドロップ ¥3,800(税抜)

今年はイースターで春を楽しんではいかがでしょうか? 春を彩る豊富なフラワー、雑貨をご用意してお待ちしております。

※ご紹介した商品、またアレンジに使用している商品は、入荷状況により欠品になる場合もございます。 あらかじめご了承ください。