Door Wreath Contest 2020


募集要項 審査員 入選作品 受賞作品












マミフラワーデザインスクール校長
花文化コメンテーター
〜世界の花文化をめぐる考花学者〜
 

川崎 景介

東京都出身。1989年、アメリカのグレースランド・カレッジ卒業。2008年、倉敷芸術科学大学修士課程修了。2006年より、マミフラワーデザインスクール校長を務める。花にまつわる世界各地の文化を、独自の視点で調査研究する「考花学」を提唱。大学や文化団体などでの活発な講演活動や執筆を通じて、花文化の啓蒙に尽力している。日本民族藝術学会員。
著書『花が時をつなぐ-フローラルアートの文化誌-』講談社、『花と人のダンス-読むと幸せになる花文化50話-』講談社エディトリアル 監修『花のことば12ヶ月』山と溪谷社、『すてきな花言葉と花の図鑑』西東社
フラワーデザイナー
 

佐藤 俊輔

三越伊勢丹ホールディングス退社後、花の世界へ。
生花店等を経て独立。各種店舗やホテルの装飾に加え、2013年よりフラワーアレンジメント教室を開講。
豊島区主催子育て支援プロジェクトや東北大震災復興イベントにおいてアレンジメントショーを行うなど、花の持つ癒しの力を少しでも多くの人に届けるために活動を続けている。
《HP》http://www.satoshunsuke.net
フラワーデザイナー
Rock’n’Rose 代表/フラワーアーティスト
 

曽我部 翔

北海道旭川市出身。
JFTD 学園日本フラワーカレッジ卒業後、都内花店にて勤務/ 2004 年度“MERIDIEN CUP”グランプリ受賞/フランス『アートフローラル国際コンクール』日本代表として出場/ 2012 年「Rock’n’Rose」として独立/ 2017年1 月パリにて個展開催/花いけバトルin オランダ2連覇、花いけバトルin パリ優勝/花いけバトル2015 年度年間王者
《HP》http://syosogabe.com/






お母さんいつもありがとう

太田 真帆
「ありがとう」という言葉からハートの形とピンクやむらさきのようなやさしい色が頭にうかびました。そこでピンクの小さなバラとむらさきのラベンダーをメインにして作りました。花と花の間にリボンを入れ、ハートの形にしました。


感謝の気持ちを込めて

後藤 桜子
私の「ありがとう」と伝えたいのは母です。いつも私のやりたい事を応援してくれているからです。母へ感謝の気持ちを伝えたかったので完成するまで母には見せずに作りました。そして今回の作品の色合いは母の好きな色で作り、この作品を通して感謝の気持ちを伝えたいです。


Bouquet of cloth Flowers

近藤 萌乃
私は先日無事に成人を迎えることができました。ここまで成長することができたのは、周囲の人たちに助けられ、励まされてきたから。今まで関わってきた全ての人に感謝を込めて、ひとつずつ手作りした花の花束を。尊敬を表す紫も添えて。ありがとう。


みんなへありがとうのリース

戸田 花音
友だちや家族にたくさんありがとうの気持ちをこのリースで伝えたいです。ありがとうはやさしいイメージがあるのでピンクや白色の花をたくさん使って作りました。注目してほしい所は小さな動物がかくれているところです。リスやうさぎの下にリボンや紙を入れて工夫しました。


親友

比留川 央都
1才の頃からずっと遊んでいる親友にむけて作りました。楽しい時もそうじゃない時も、笑いあって助けあえたことに感謝しています。これからもよろしくという気持ちを込めています。


ありがとう!大好きな5人の友達へ★

比留川 雅都
いつも遊んでいる5人の友達を想って作りました。リボンで作った星の頂点で友達を表現しました。


花まるカーネーションのありがとう

花輪 瞳衣
だいすきなママにいっぱいのカーネーションの花まるをあげたくてつくりました。ハートリースもつかって花の2重丸になりました。


異次元の虫の世界

小林 大貴
ぼくがこうゆう作品を作りたいと言ったらおじいちゃんが木を切ってくれて、お父さんが材料を買ってくれたり、先生とお母さんが少し手伝ってくれました。みんなにお礼をいいたいです。「ありがとうございます。」


ビタミンカラーの元気リース

香倉 恵美子
コロナ禍が終息しない昨今、医療従事者の方々、コロナ終息に人力を尽くしてくださる方々に対し、本当に感謝の気持ちでありがとうと伝えたいです。少しでも明るい気持ちになれますよう、ビタミンカラーの元気の出るリースを作ってみました。


母への感謝

赤塚 久美子
母が昨年認知症を発症、安定していたにも関わらずコロナの影響で会えなくなると母の体調は急激に悪化、薄れゆく記憶の中でも母の好きな花(赤い薔薇)を使って「綺麗!」って喜んでもらい感謝の気持ちを伝えるために作りました。


支えてくれてありがとう

小山 直美
娘を亡くし悲嘆に暮れていた毎日。そんなときに出会ったのがアーティフィシャルフラワー。学ぶことがとても楽しくて、心も明るくなりました。今まで支えてくれた方に感謝の気持ちを込めてリースを作りました。


自然との繋がり

矢吹 哲也
自然と人との繋がりを、ススキとキリンの親子で表現しました。ススキの花言葉は「活力・活気・心が通じる」。自然と人との心が通じ合い融合した時、大自然の活力になります。自然への感謝の意を込めて制作しました。


「ありがとう」を花言葉とともに…

加藤 章子
ベースはカット+手彫り。Thank youをカットして、試験管には、ドライ+着色したカスミソウを詰めました。医療関係者へのありがとうです。チェーンをたらし、しずくをレジンで作り付けました。


幸せのとまり木

一ノ瀬 妙子
ニワトリが先?タマゴが先?どちらでも命をありがとう。感謝の気持ちと愛情を込めて無限大の「幸せのとまり木」でひと休みしませんか?


school life(あたりまえの日常)

渡邉 由紀子
息子の学校の先生にありがとうと伝えたい。不安になることなく学校が再開、日常が戻った。先生の準備や配慮は大変だったと思う。季節が春から夏に移るようにあたりまえの日常が大切なことを感じた。


Thank you

古谷 幸子
自粛生活の中、友人から手書きのハガキが届きました。こんな事態になり会う約束も出来ないけれどお互い元気で過ごし次に会う時には密におしゃべりしましょうね。というものでした。メールという指1本で簡単に意思疎通が出来る時代に手書きの温かいハガキを貰ったことに「ありがとう」の気持ちでいっぱいになりました。このことから「気持ちを手紙で届ける」をテーマにリースを作りました。


ありがとうのWA

田川 静香
リボンで「輪」畳の縁でローズにし日本の「和」をイメージしました。コロナウィルスで大変な中「ありがとうのWA」でありがとうを伝えたい。

虹色リース

聖華
子供の頃から虹を見つけると幸せな気持ちになれました。今、色々な思いを抱え、過ごしている大切な家族や友達と、また会えた時、あの虹を見た時と同じ気持ちで笑顔で会えたらいいな‼と思い、このリースを作りました。


Merci ma soeur(ありがとう妹)

北村 祐希
3才年下の妹は私の分身のような存在。悩んでいる時、自分の事のように考え、一緒に解決してくれます。大人になって、それぞれの家庭を持ちそれぞれの人生を歩んでいますが、いつまでもずっと一番の大切な妹へ。感謝の気持ちをこめて。彼女の好きな色で作りました。


蘭・稲(いいね)‼感謝の日

金子 清美
畳の材料となる蘭草とお米の稲穂。日本の風習・風土などをおもい浮かべながら衣・食・住を表すそれらを土台に作りました。自然災害やコロナで大変な時代です。命ある今に「ありがとう」と明るい未来へ祈りもこめて。


感謝の気持ちを込めて

小川 香里
医療従事者や私たちの生活を支えるために働く全ての人に感謝の気持ちを込めて制作しました。9個の青いバラは夢が叶う、白いダリアは感謝、白いバラは尊敬の意味です。


「ありがとう~心から感謝を込めて~」

津﨑 富美子
人の思いを繋ぐリボンに「ありがとう」の言葉を添えて、今も最前線でウィルスと戦う世界中の医療従事者の方々へ感謝の気持ちを込めました。


元気と癒しをありがとう

桐畑 広美
コロナウィルスの恐怖で心が萎え一日中家で過ごす毎日。久しぶりに少し散歩に出てみると昨日までとは何も変わらない自然の景色。豊かな実りと元気なひまわりと仔猫、心に元気と瞳に癒しをありがとう。


天使の庭仕事

小川 美和
新型コロナの影響で、おろそかになっていた庭仕事をする時間が増えた。おかげで自然という目に見えない力(天使のお仕事)への感謝の気持ちや感動する機会も増え、かけがえのない時間をいただくことができた。


ありがとうの気持ちをリースの調べにのせて

橋元 有里子
結婚30年目の節目の年に思いもよらず苦難の年と重なりましたが、今だからこそリースのように途切れず繋がりながら日々の感謝の気持ちを大好きなカラーとユリを使って伝えたい。


初夏の香り

鈴木 千秋
初夏の爽やかな風と花の香が、初めて主人と行った北海道旅行を思い出させてくれます。その時の楽しい記憶と最大の理解者である家族に感謝を込めて、リースを作成しました。【花・果実・リボン・4匹の蝶(家族)は全てクレイ粘土で作成、葉のみアーティフィシャルを使用しています。】


春信の三日月

冨高 郁子
自粛生活を余儀なくされた中、植物はいつものように春を迎え、花を咲かせるその姿に勇気づけられました。そんないつも通り花を咲かせてくれた植物に対して「ありがとう」の気持ちをリボンに込めました。


花久園~感謝を込めて~

後藤 由紀
ごく普通のリースです。ですが花材はメインのシャクヤクをはじめ、ほぼ自元二本松市、大玉村の個人生産者さんの生花を独自にドライフラワー加工して使用しました。いつもすばらしい花を育ててくれる生産者様に感謝を込めて制作しました。福島の花が全国に広まり、またそれが復興の手助けになりますように。


癒し -願いを込めて-

加藤 啓子
親は子に心配をかけまいと、体が痛くても、治療が辛くても、いつも笑顔でいてくれます。そんな優しい両親の心を少しでも癒したいと思い作りました。いつまでもその笑顔が見られますように。願いを込めて”ありがとう”


Feel the soul

石川 百合子
父が亡くなってもうすぐ一年です。私が花に携わる事を応援し、楽しみにしてくれていた父。鳥の羽にも見立てられるパンパスグラスカラーで流れを作りました。長年の感謝を、再度このリースから伝えたいです。


~ありったけの感謝の
気持ちを込めて~

平田 奈々
1本90cmの水引に繋がるご縁。水引には人と人を結びつける・想いを繋げるという意味を持ちます。水引製のリースに感謝の花言葉を持つ白いかすみ草とピンクのバラをたっぷり乗せました。いつもありがとう。ご縁を頂いた皆様に感謝です。


ココロを繋ぐ 華のある贈り物

井澤 智子
写真の手は愛娘の手です。いつも支えてくれる家族へありがとう。そして、私の人生、未来を夢に見させてくれる花達へ、ありがとう。の感謝の気持ちを込めて作ったドアリースです。


羽を休めて

名村 真澄
このコロナ禍の中で、休む事なく人々を支えてくれた方々へ。『どうぞ羽を休めてください』と感謝の気持ちを込め、ホッとできる癒しのブルーで制作しました。


スイートメモリーズ Sweet Memories

吉岡 麻衣
6歳になる娘が赤ちゃんの時に着ていたベビー服(パジャマ)を小さくはぎれにしてフレンチスタイルのリースにしました。この服を見ると初めての育児に奮闘していた自分を思い出し、私を母にしてくれた娘にありがとうを伝えたいです。


永遠に

東海林 依子
野球が大好きだった父。フォークダンスの講師だった母。二人は昨年、旅立ちました。どんな時も笑顔と優しさで私たちを迎えてくれた温かい家。今、そこに二人の姿はないけれど、家族の絆は結ばれています。永遠に…両親の愛情に心から感謝「ありがとう」


結Yui

永山 淳子
ステイホーム期間中に痛感した家族のありがたさや感謝の気持ち。これから生まれて来る新しい命を合わせた家族の数のハートをつないで、皆が健やかでいてくれる事への「ありがとう」を表現してみました。


ドリーム

須山 恵美
新しい生活様式の中、仕事や家族などを日々頑張っている家族へ、感謝の気持ちを伝えるドリームキャッチャー風のドアリースです。素敵な夢を見て、ぐっすり眠って欲しいという願いを込めました。月と星がモチーフです。


夏空

小室 安津実
帰省できなかった初めての夏。実家へと続く空を見上げて両親を思う…。お盆に見た、夕日に染まる積乱雲、少し紫がかった青い空を表現しました。この時抱いた気持ちをリースに込めて贈ります。


フラワーサプリ

清水 敦美
私は、お花に「ありがとう」を言いたい。悩んでいる人病んでいる人に癒しと励みをありがとう。頑張っている人、戦っている人に、エールと活力をありがとう。体の内側から元気にしてくれる貴方は、心のサプリメントです。


しゃぼん玉

勝又 尚子
日々コロナとの対応に追われ、いばらの道を行く医療関係者の方々に感謝の気持ちをこめて、少しでも手助けになるように、「うがい、手洗い」を促しながら癒されるリース


Small Flowers of Thank you

砂盃 しのぶ
幸せの青い鳥―いつもここにある幸せ―そこには、今伝えたいありがとうがいっぱいあります。小さないっぱいのお花はありがとうのブーケ、リボンをそえて想いを届けます。


感謝の祈り

末政 さやか
「逆境に耐える」カモミール、「悲しみは続かない」ヒペリカム、「希望」ガーベラ、それぞれの花言葉に願いを託し、一つのドアリースにまとめました。新型コロナへの対応が長期化する中、第一線で奮闘されている医療従事者の方をはじめ、皆様への感謝の祈りを込めて制作しました。


やさしさに包まれて

増田 慶子
ふんわりと温かい優しさを表現しました。どんな時でも優しく「おかえり」と迎え入れてくれる母へのありがとうを込めて。


Berry garden

中村 明子
歳を重ね、母ひとりでは手に負えなくなってきた実家の庭。暇を見つけては実家へ行き草むしりを手伝う私に母は「ありがとう」と…こちらこそいつもありがとう。先日、きれいになった庭にブルーベリーの苗をプレゼント。甘い実がたくさんみのりますように。


「希望の虹」

植松 晶子
下半分の青い花は「全てのエッセンシャルワーカーへの感謝」を、上半分はレインボ-リボンで「希望の虹」を表現しました。コロナ禍の中、社会を支える皆さんに幸運が訪れるよう四つ葉のクローバーも配しました。


「Plants&air」へ贈る

秦 厚子
新型コロナウィルスの中、花達は変わらず呼吸をして、いつもの様に花が咲き、人の心を癒してくれています。目には見えない空気の大切さと、力強く生きていく花達を見られること、ホントにありがとう。


「木漏れ日の中で」

田辺 優子
何気ない家族の思いやりは、木々の間から差し込む木漏れ日が小さな花々を優しく見守るかのように自然。その優しさに気付かない場合も多くあります。だからいつも優しい心で包んでくれて「有難う。」


母にヨーロッパクリスマス気分を

小林 純子
コロナ禍で、食事作りのヘルプが増加。好きな外出もひかえ、海外ラストトリップの計画もダメになり、少しでもヨーロッパのクリスマスを感じてもらいたく作成。日頃の感謝をこめて。


マザーガーデン

瀧 美佳
母はお花が好き!天国に行ってから数十年、今年は母が天国へ旅立った歳になりました。毎日好きなお花に囲まれ幸せなのは幼き頃母が庭先でお花を育て、その美しさを教えてくれたから今の私があります。お母さんありがとう。


両親への感謝

山﨑 隆一朗
子どものころからの夢であった鉄道の運転士。この姿を叶えることができたのは両親の支えがあったからです。感謝をこめて、花束をイメージしたリースをつくりました。


虹の橋

中台 美奈子
梅雨が明けた暑い日に虹の橋を渡った愛犬「だいず」先に旅立ったあずき姉さんに会えたかな?仲良く虹の花畑で遊ぶんだよ。大好きな水遊びもするんだよ。うちの子になってくれてありがとう。長生きしてくれてありがとう。


医療従事者に感謝とやすらぎを!

牧野 久美子
医療従事者の心が安らいでほしいという思いから安らげる色とはどんな色だろうと考え一目ぼれしたマーガレットフラワー中心にパープルなどを少し加えながら全体を淡いトーンでまとめて制作しました。


心和らぐ色彩リース

木戸 まゆみ
色の持つ意味を考えながら製作したリースです。 ベージュ…信頼 青緑…楽しむ心 紫…再生 黄緑…生命力 日々 頑張ってる方が 笑顔になります様に…


希望で繋げた美しい明日

板垣 梨愛
乾燥させた花、着色した木の皮、とげとげの葉っぱに丸い実。多種多様な植物に人々を重ねました。辛い日々の中でも大切な人の未来の為に一人一人が心をひとつにしている。今を生きている全ての人の思いに感謝を込めて。


個性

小林 ケイ子
青のあじさいの花言葉は「辛抱強い愛情」です。個性の強い私を受け入れて温かく見守ってくれてありがとうございます。という気持ちで作りました。


亡き義母へ感謝の魔よけ水引リース

村山 陽美
義母の遺品整理の際、フラワーデザインに活かせないかと形見分けで戴いた水引。義母へのありがとうの気持ちとコロナ終息を込めた水引リースに挑戦しました。リースの土台は私が作りリーフとトンボは義母の作りかけ箱の中から拝借しコロナ禍の今、人の繋がりを本当にありがたく感じます。その思いをドライ、プリザ、アーティフィシャル全ての花を作った大薔薇に仕上げました。魔よけの意味を持つ水引、縁起物の山しだ(末広がりの8枚!)勝運の虫トンボ。手先が器用でセーターや水引作品を沢山プレゼントしてくれた義母。コロナの終息にも天国から力を貸してくれることでしょう。


生まれてきてくれて、ありがとう。
~離れて暮らす姪っ子へ~

小林 有輝子
扉から顔をのぞかせた蕾。小さな蕾から始まる人生が、彩豊かで実りあるもとになりますようにと願いを込めて。寝返り、つかまり立ち、あっという間に三輪車。会えない時間が長い今。次に会えた時、何色が増えているだろう?


やさしさで溢れるように

内田 圭祐
優しく包み込む、ほっとするようなイメージでコロナ禍で疲れている心・体に安らぎを与えられたらとの思いで制作しました。


ナナイロフラワードロップス

中村 浩子
コロナ禍、医療従事者の方々をはじめスーパーや学校など生活を支えている方々への感謝と少しずつがまんしながらがんばる人々への感謝。困難の先にはきっと明るく光かがやく未来が待っていることを願って制作しました。


Cheer up !

福澤 朋子
季節を感じないままの毎日を送る今年。少し元気の無い人達へCheer up !(元気を出して)


My Guardian anjelに感謝をこめて

石島 由希子
日頃見守り導いて下さる守護天使さまたちに感謝の気持ちをこめて作りました。扉を通る全ての方にHAPPYをお届けできますように。


小さな“いつも”にありがとう‼

東代 周子
2020年3月春。何事もなかったかの様に大地から新芽が吹き出し、新緑溢れ花々が咲く姿に励まされました。大地、空気、植物、思いやり、世界中の英知への感謝と、決して派手ではない小さな花々への感動を表しました。


楽しい時間をありがとう

村山 愛
いろいろお教えてくださる先生方、いつも一緒に学び、作品づくりをしているお仲間と過ごしている時間に感謝を込めて!


Healing Flowers

田中 佐和
全力で家族の介護をしてくれた母へ、気軽に友人たちと会えないご時世・・・。せめてお家時間を“明るく。華やいだ気分で過ごして欲しい。ビタミンカラーのリースに”ありがとう”の気持ちを込めて。


幸せを祈ってます

榎本 秀美
今できる事を一生懸命頑張っている若者達へ。祈る事しか出来ないけれど、感謝の気持ちでいっぱい。明るい未来と、ありがとうの気持ちを込めて、柔らかいピンクのガーベラとバラで表現しました。


田上 裕美
虹の彼方へ旅立ってしまった大切な人に送る、伝えられなかったありがとうの気持ちです。たくさんの花材を使用して、たくさんのありがとうを表現しました。


Rencontre
-出会いの輝き-

難波 順子
作品を制作販売させて頂くようになり、2年になります。気に入って頂きご購入。嬉しいメッセージを頂ける時、感謝と喜びに胸が一杯になります。これからも新たなつながりが幾重にも繋がっていくようにシダで表現しました。


居心地の良い場所

北見 貴美子
8月の初め玄関先の鉢植えにメジロが巣を作りました。小さな体で巣を作る姿はウィルスに振り回され不安を覚えていた私にとって心の拠り所となりました。英語で「巣」という意味のnestは「居心地の良い場所」という意味もあります。そのようなイメージでこのリースを作りました。


世界はひとつ

大津 美由紀
何気ない日常が当たり前ではないと気づかされました。世界中の人々が穏やかな日々を過ごせるよう、地球をイメージして作りました。作って感じたこと・・・やっぱり世界はひとつ!!


来てくれてありがとう!!

三好 法恵
今、この様な状況になって、自由に外出をすることが出来て、人に会う事が出来ていた事があたり前ではないと言う事に改めて感じました。色々な意味を込めてお店や自宅に来てくれてありがとう!!を。会える事に感謝。


心温まる、お届け物

浅野 菜穂
コロナ禍で外出がままならず、たくさんの通販を利用しました。危険な状況の中、荷物を届けてくれたたくさんの配達員の方への感謝のリースです、届いた荷物を開封した時の「わあ!」という感じを表現してみました。


2人の出逢いにありがとう

柴山 裕美
息子が9月に結婚式を挙げる予定でしたがコロナで来年に延期。2月に入籍しましたが、仕事の都合でお互いの実家暮らし横浜・大阪で会うことことも出来ず・・・でも2人の未来はきっと明るい!2人に応援とありがとうの気持ちを込めて・・・


Thanks
~花束を贈ります~

海保 正枝
人とのつながりをカラフルな糸で作る糸掛けで表現しました。糸は始めに戻ってくる。そんな人とのつながり、大切な人との縁に感謝を込めて「花束」をリースに入れました。


癒しのティータイムへようこそ

空閑 章子
頑張っているあなたにありがとうの気持ちを込めてひと時の癒しを。そのドアはあなたを癒しの空間へといざなう。ふんわり優しい薄緑色に小さな花束状に作ったパーツを配置。訪れる人の心を優しく幸せに安らげるような色合いと形に拘りました。


わんダフルライフ

小林 朋子
小さなあなたをこの手に拾い上げた日から17年、一緒に過してとても大切な家族になりました。助けた命で素敵な毎日を頂きました。ありがとう。


tea time

玉井 弘子
ステイホームで塞ぎ込みだった時、友人達とのリモートタイム。元気付けてくれた友人達に感謝を込めて作りました。8人集まって楽しくおしゃべりできる事を願い、8個のカップケーキの中にお花をアレンジしリースにしました。


母への贈り物

遠野 美由紀
母に感謝の気持ちと元気でいてくれてありがとうの想いから古い帯や帯紐を使って花も母の好きな色合いにし誕生日プレゼントを作りました。


小山 真理
開いた窓の先に虹が見えるイメージで土台を作りました。窓の下のビーズはモールス信号で「ありがとう」を表しています。


感謝のブルー

渡邉 由佳
医療従事者をはじめ、コロナウィルスと戦う全ての人に、日々人々を照らす太陽をモチーフにしたフラワーリースに感謝の気持ちを込めて。「ありがとう」


娘よ、歩き続けよう

深谷 笑子
障がいの娘は、3歳の時初めて装具の靴で、一歩また一歩と。その一歩は本当に長く待ち詫びた大きな一歩でした。新しい靴を贈ります。未来に向けて歩き続けよう。あの時の姿にありがとう。喜びと生きる勇気を与えられました。


My Friends

高澤 玲子
年令、性格、職業も違うけれど、顔を見ただけでホッとする人達。共通するのは「優しさ」。皆の笑顔を思い浮かべ、出合いと長いつきあいに「ありがとう」を伝えます。花は友の個性をイメージしました。


命に感謝

大山 陽子
先日、愛犬が亡くなり、命の尊さを学びました。命に感謝。愛犬にありがとうの気持ちを込めて、1年を通して飾れるドアリースを作りました。


ラザロのレクイエム

田久 真里
いつも回りをウィットに富んだ会話で楽しませてくれたラザロ あなたの旅立ちは私達に多くのことを教えてくれました。今までの数々の思い出をあろがとう。


「笑顔が一番」

冨永 秋子
熱血先生と呼ばれた義父は、家族や仲間を大切にする温かな心の持ち主で「笑顔が一番」といつも言っていた。どんな時も「笑顔」に救われる。大切な事を教えてくれた天国の義父にありがとうと伝えたい。


Love is …

有賀 朋美
「ありがとう」と思うとき、心が優しくあたたかくなります。まるでひなたのような。そんな気持ちで花束のようなリースを創りました。心を込めて。大切な貴女へ。


My Family

浅沼 靖恵
仕事の都合で家族が別々に暮らしています。季節、生息地を問わず植物のあらゆる部位を使うことで様々な思い出を表しました。それを柔らかい植物で巣のようにデザインをして、疲れたら休みにおいでとメッセージを込めて。家族がお互いに離れてわかったありがとう


《絆をつなぐThanks wreath》

根本 眞由美
医療従事者の皆様や、お世話になってる方々へ感謝の気持ちをお花にこめて、想いを結ぶリースに。ハニカムボウを絆にみたて、つなぎ、輪にして結び、リースのベースにし、お花たちが輪になって楽しく会話しているイメージが伝わると嬉しいです。


「感謝」

唐澤 恵美子
「勇敢」に立ち向かっている医療従事者の方達に「感謝」の気持ちを伝えたくて、その花言葉が入っている花を選びました。心を癒してほしい、そして少しでも明るい気持ちになってもらえたらという願いを込めて作りました。


Silence

井野元 美恵
沈黙を守り、時が過ぎるのを待つ日々いつか夜も明ける。


蜘蛛の糸

齋藤 理恵
芥川龍之介の「蜘蛛の糸」より、自分に余裕がもてず他人に優しくすることも難しい今のご時世だからこそ自分勝手な姿を自覚し反省し他人に優しくすることは難しいと知ることで他人の善意に感謝し、ありがとうと今伝えたい。


親子のお庭

古橋 美恵子
当り前のように会えていた人と会うことが叶わない日々。母が育てる季節の草花を眺めながら他愛もない会話をする事がそれぞれが独立してからも家族皆の癒しの時間でした。あの日常が戻ることへの祈りと母への感謝を込めて、母の好きなベルフラワーを主役に親子が見つめ合う、2つの庭を表現したリースを作りました。


紫想

鈴木 ひろみ
コロナ禍最前線で日々、誇りと尊厳を持って対応されている医療従事者の方々をはじめ、奮闘している全ての人への感謝と応援の気持ちを、日本人にとって高貴な色である紫色をメインカラーとして表現しました。


Color Message ~ありがとう~
(カラーメッセージ~ありがとう~)

山元 浩子
天・空・地・海、私たちのいる地上、そして大い宇宙への遥かなる想い。逢うことの叶わない2020。今、カラーとお花と共に伝えたい永遠なる絆。あなたの幸せを願って同じ空を見つめて。いつもどんなときもcolorMessageを贈ります。ありがとう。


一緒に見たい桜に感謝を込めて

花輪 千春
今年は一緒に見ることが出来なかった桜。来年は一緒に見て楽しみたいという思いとありがとうの感謝の気持ちを込めてつくりました。バッグの透明ハンドルを立体的にしてくみ上げたところがポイントです。


尊敬する父へ贈るリース

稲垣 雅美
この秋で89歳を迎える父へ。父の人生を四季と合わせて表現しました。優しい色合いから力強く勢いのある赤。そして無事仕事を定年まで勤め残りの人生を母と家族へ感謝の気持ちを込め過ごしそして今穏やかに微笑みながら生きる父。今だからこそありがとうございました。


青空

柳井 真紀
旧何度伝えているか分からない「ありがとう」。そしてこれからも感謝の気持ちを忘れず青空のように澄んだ広い心で伝えられるよう想いを込めて作りました。


リ・ボ・ン

小林 淳子
先日の24時間TVの中で堀ちえみさんの「リ・ボ・ン」の歌唱は心ゆさぶるものがありました。「リ・ボ・ン」には“reborn”再生という意味も込められていたと知りました。勇気を与えてくれた彼女に心からありがとうと再生を祝して…


「結~musubi~」

若井 紀子
花好きの母の影響で私も花が好きになりました。そんな花を通じてつながったご縁のおかげで私は日々頑張れています。私と花を結んでくれた母へ感謝を込めて…


恩愛

野崎 千賀
いつも慈愛に満ちたまなざしで見守ってくれる両親に感謝を込めて、心癒される紫の様々な花を使って作成しました。今度は自分自身も娘たちにこの想いをつなげていけるように明るいピンクも少し入れています。


海はつながっている

戸田 健太
故郷は長崎県五島列島。海がキレイなこの島に、なかなか帰れない状況が続いています。でも、青い海はつながっている。故郷で暮らす両親や家族に想いをこめて。


みんなで繋がろう

雨宮 瑞枝
大切な家族全員が手をとり合うように、大きさ、色どりが違う花をガーランドでつなぎドロップリースと龍を組み合わせてみました。