Artificial Flower Contest 2017


募集要項 審査員 入選作品 受賞作品












日本アーティフィシャルフラワー協会理事
ブルーメンツアウバフラワースクール主宰
NFD本部講師・試験審査員
 

植木 佐和子

ニューヨークにてフラワーデザインを学ぶ。
帰国後世田谷にスクールを設立。現在NFD公認校・JAFA理事校。
NFDウエディングフラワーインストラクター。
日本フラワーデザイン大賞2012にてJFTD賞・奨励賞等受賞。
フラワーアーティスト
 

後藤 清也

1989.2.11 生
静岡県 伊豆河津町出身
幼少期より自然や花に触れ、植物の魅力に惹かれてく。高校卒業後、JFTD 学園日本フラワーカレッジに入学し花業界へ。卒業後、恵比寿のウェデイング会社に入社。パーティ装花・空間装飾を学ぶ。退社後モデルや役者など芸能活動を経て2012 年 S EIYA D esign 設立。現在はフラワーデザイン、ガーデンデザイン、レストランやアーティストのロゴデザインなどをプロデュース。国内外でデモンストレーション、個展、レッスンを行う。
《HP》http://seiya-design.net/top.html
フラワーデザイナー
 

佐藤 俊輔

三越伊勢丹ホールディングス退社後、花の世界へ。
生花店等を経て独立。各種店舗やホテルの装飾に加え、2013年よりフラワーアレンジメント教室を開講。
豊島区主催子育て支援プロジェクトや東北大震災復興イベントにおいてアレンジメントショーを行うなど、花の持つ癒しの力を少しでも多くの人に届けるために活動を続けている。
《HP》http://www.satoshunsuke.net






初詣

神奈川県 清水 敦美
舞妓さんが新年に挿す稲穂かんざしをアレンジして稲穂の和装ヘッドドレスを制作しました。今年も一年稲穂のように頭を垂れて、謙虚に生きます。そして穏やかで災害なく豊作の年になりますようにと願いを込めた髪飾りで初詣へ。


ナチュラルフラワーハット

東京都 豊田 光城
自然の美しさを纏ったフラワーハット。頑張る女性を花でもっと輝かせたいと思い作製。


春の装い…自然のジュエリーボックス

滋賀県 山本 早苗
陶器鉢とコルクの鍋敷2 枚を利用して、自然のジュエリーボックスをつくってみました。陽光のやわらかさを色で、風のやさしさを素材で表現。自然のいぶきを感じる器をつくり、自然を詰め込んだ自然のジュエリーボックスです。


party

神奈川県 冨髙 郁子
何気ないティータイムも、植物で彩れば華やかなパーティーに。ティーカップと同じ色の花を使うことで、全体の統一感を出しました。


coffee break

神奈川県 松下 佳洋子
小花をあしらったかわいいコーヒーポットを中心に気の合う友人達と、ブレイクタイムを楽しんでいただくためのコンセプトで制作しました。みんなの笑い声が聞こえてきそうですね。


「ハレの日に。」

福岡県 矢津田 智美
ブーケの様な履き物を作りました。ウエディングドレスにも着物にも合うような『花を纏った履き物』です。どこから見ても美しく見えるように、たくさんの花の種類を使い、いろいろな顔を持つ記憶に残るものを制作できたと思います。


Spring Steps

東京都 飯濱 千加
待ちわびた春がダンスのステップを刻みながら軽快にやってくる楽しい様子を表現しました。


彩り

大阪府 砂長谷 明穂
絵の具を花でまとってみました。お花も絵の具も「いろどる」ことが出来るものです。ポイントは、絵の具をまとった花でキャンバスに絵を描いたところです。


彩のアロマ

千葉県 中村 明子
アロマディフューザーに、お気に入りのアーティフィシャルフラワーを飾り、その日の気分に合わせたアロマオイルを数滴…アロマを装ったアーティフィシャルフラワーが空間に彩を添えてくれます。湿度に強いアーティフィシャルフラワー。こんな使い方があっても。


花あかり

東京都 鈴木 ひろみ
色とりどりのお花と蝶でシェードにし、明かりを点けても消しても楽しめるテーブルランプを作りました。自然の形そのままの流木をランプの土台に使用しています。コンセントに繋げば明かりを灯せます。


Lampの精

広島県 藤井 有記
多肉植物の生命力の強さを表現しました。








春の訪れ

栃木県 薄井 浩子
雪溶けと共に冬が終わりを告げ、春の訪れを待っていた植物達が静かに芽吹いていく情景を表現した作品です。


晩夏 ~大人の誘惑~

東京都 本間 麗
鮮やかな花に暗い花、模様がダークな花もピックしたので、全体のシルエットは柔らかさを出す丸や曲線にしました。花器の花はサイズやカラーでバランスを見ながら配置し、上のブーケにはより細かい花や実も使用しました。


輝 ~かがやき~

山口県 末永 有紀
日本の四季はどれも美しい情景を待っています。その日本の冬の寒さが一瞬解けたような日…キラキラと陽差しが注ぎ春を迎える準備をします。


晩夏の奏

埼玉県 山中 都矢子
晩夏の夜明けをあらわす群青と陽光輝く緑を竪琴の奏でる音色に重ねて表現してみました。植物のたおやかでしなやかな力強さが伝わればと願いつつ作りました。


My Garden(春)

埼玉県 MAKIKO(大越牧子)
厳しい冬を乗り越えた多肉植物や花々たち春の暖かな日差しを浴び伸びやかに咲き誇り始めました。


フレッシュフラワーリース

大阪府 神前 純子
たくさんの種類のグリーン(10種類以上)を使用し、生花のようなフレッシュでナチュラル感を出し、小花もたくさん使用した可愛く明るい作品に仕上げました。とってもすがすがしい気持ちになる作品です。


アンダルシアの風

神奈川県 田久 真里
スペインアンダルシア地方。初夏、平野一面に黄色に広がるひまわり畑は圧巻です!各々が“私が一番”と咲き誇っています。国旗の赤と黄色が情熱的なように夏のイメージをひまわりの黄とトマト祭りの赤で表現しました。


天空のspring

神奈川県 佐藤 有美
寒い冬から暖かくなり春の息吹が感じられます。動物も虫も人間も、こんな場所でお昼寝でもしたいです。


秋の情景

神奈川県 石川 百合子
モーブカラーに縁取られた草花、実物達を集めて、秋の情景を再現しました。実りの秋、芸術の秋。色も美しく深まりゆく秋の気配を自然の色味と共に味わいましょう。


春が待ち遠しくて

鹿児島 諏訪下 真須美
山頂と尾根には雪を残しながらも山の麓は暖かい春の訪れを告げています。日当たりの良い方角は、残雪も少なく春色に変わって来ました。花のもつ色、又花びらで情景を表現してみました。


浅春

栃木県 齋藤 加寿美
春のはじまり。まだ冷たさの残る空気の中、凛として咲く花達の“静かな力強さ”に魅了されます。その姿を、アンティークの水差しやスコップを用いて表現しました。


夏に向かって

東京都 北島 沙季
本格的な夏に向かって植物がどんどん成長していくようなイメージで作りました。雨続きで何となく気分もどんよりしますが、色濃く鮮やかになっていく葉を見るのはこの時期だけの楽しみです。