グリーンデザインのポイント » 横浜ディスプレイミュージアム | アーティフィシャルフラワー・造花の販売・卸問屋

グリーンデザインのポイント

大型のグリーンの設置を計画する上で知っておくとコスト削減や理想的な緑化になるポイントをご紹介。

大型樹木

乾燥させた木にアーティフィシャルの葉を取り付けて作ることの多い樹木。
ハーフラウンド型は幹を壁面に寄せれる為、樹木下部のスペースを有効活動できます。セパレート形状は置場所によってフレキシブルに対応できる点が特徴です。
形状がカスタマイズできますので、オフィス空間や店舗空間など、席数などが優先され設置スペースが無いとお悩みの方におすすめです。

樹木の形状について

ラウンド型
ハーフラウンド型
オリジナル型

デザインポイント

  • 樹木の形状、セパレート
  • 葉の種類
  • 樹木の幅、高さ
  • ボリューム(密度)

大型樹木の事例を見る

植栽

下草とも呼ばれ、主にプランターや造作で作られた家具に合わせて製作を行います。鉢物の樹木を使用することで高さを出すことも可能です。

デザインポイント

  • 面積、グリーンの高さ
  • バーグや石の有無
  • 葉の種類

植栽の事例を見る

壁面緑化

グリーンをパネル状にし、ビスで壁に固定します。曲面など複雑な形でも取り付けられるようネットのような素材に取り付けることもあります。

デザインポイント

  • 緑化面積(全面、上部のみなど)
  • 取り付け方法
  • 葉の形状、ボリューム

壁面緑化の事例を見る

新発想のロック式植栽システム「ロックプランツ」。
ベースさえ設置すれば素材は手軽に着脱できるので、季節やイベントに応じたデザインの交換も可能です。専用パネルは軽量で、設置面への負担も軽微です。メンテナンスもほとんど不要なので、トータル的なコストパフォーマンスも最適です。

詳しくはこちら