1. ホーム
  2. フラワービーズ コモ・レア 
  3. >
  4. コモレアアレンジ季節のご提案

 

-2013年12月更新

インテリア小物やステーショナリーなど身の回りのものに〈コモレア〉を貼り付けて、デコレーションしてみませんか。コモレアは、小振りなお花なので小さな小物でも合わせやすいです。ワンポイントでも、思い切ってふんだんに使っても。自分だけのオリジナルアイテムをつくってみましょう!

小物ケース

ハート形の小物ケースにビビットなレッドのレフアペパとハートモチーフのを合わせてフタ上部に貼付けました。母の日やバレンタインのギフトとしても使えますね!

小物ケース

ラウンド型の小物ケースにコモレアを貼付けました。モンステラリーフを使い、フタ部分を花型にあしらいました。ポイントにモキハナをつけてナチュラルに。

かごバッグ

ロケラニ、レフアペパ、アフリカンリリーを交互に貼りつけ、メリハリをつけました。所々に蝶をつけて春らしいバッグの完成です。

フレーム

ワイヤーパネルにロケラニをメインに貼付け、フックを取り付けアクセサリー掛けに仕上げました。ひと工夫でフレームもこんなに華やかになります。

ティッシュケース

普段使っているティッシュケースにもデコレーション!デルフィニューム、アフリカンリリー、ピカケをふんだんに使いました。

バッグハンガー

コモレアは小さなお花なのでバッグハンガーのような小さな面にもこんなに華やかに。リボンとビーズを組み合わせたら、まるでコサージュみたいですね。

ミラー

ポイントでコモレアを貼付ければ上品に仕上がります。クラシカルミラーにあわせれば気分はお姫様?!

 

ケーキ

ケーキ型のベースに、レッド系のハイドレンジアとパイナップルリリーを貼り、ポイントにアップルをつけました。色替えして、ウエディングギフトにも最適です。

 

 


 

-2013年6月更新

夏直前!徐々に暑さも強くなってきて、かごバックをお持ちのかたが増えてきましたね。そんな暑い季節にぴったりの、バックチャームをご紹介します☆

小ぶりなのでカンタンにつくることができるものもあるので、コモレアを使うのが初めてのかたにも、
また小さなお子様にもお楽しみいただけるかと思います。これから夏休み、お子様の課題にも使えるかも?!

作ったらさっそく、お持ちのカゴバックにつけたいですね☆

 

パイナップルリリーを縦につなげたものを何個かつくり、茶色いリングをつけ、ワイヤーを通したモキハナに段違いにつなぎとめていきます。ワイヤーを使うと、バックへの巻き付けも簡単です。ブーゲンビリアを花びらにし、中心にレプアペパとリボンをつけ、大きなお花に見立てているのがポイントです!

アフリカンリリーをつなげて、丸みをつけたモチーフをポイントに、ファーンをバックのまわりにあしらいました。ファーンはいろいろな方向に形をつけられるので様々な動きをつけることができます!

ブーゲンビリアを花びらにし、中心にレプアペパとリボンをつけ、大きなお花に見立てているのがポイントです!

ハイビスカスをあわせると派手でトロピカルなイメージが強いですが、グリーンとあわせて落ち着いた色味に仕上げています。

パープル、ブルー系のコモレアをつなぎあわせた色合いがとても爽やかです。オーガンジーリボンと一緒にまきつけるとより一層涼しげですね!

ピンクのプルペリアをメインにしていますが、バーガンディー色のモンステラや、淡いピンクのシャワーツリーをあわせることによて、大人かわいい落ち着いた印象のバックチャームに!

 

淡めのブルー、イエローが入ったピカケとハイドレンジアを使い、濃いめのリボンを周りにあしらってコサージュ風に仕上げました。留め具をクリップにすれば、バックチャーム以外にも使えそうですね!

 

 

 



環(リース)のデザインは<完全・光明・永遠・循環>などといった幸運をもたらすフォルムとして、装飾デザインの中でも一番好まれるカタチ。コモレアとリボンの「つなぐ」デザインで、いろいろなリースをお楽しみください。

今年の春夏デザインのリースをご紹介いたします。

キラキラとした2色のオーガンジーリボンと、ハイドレンジアのフリルのハーモニーが華やかです。 くしゅくしゅとした混色のヤーンに星型のアフリカンリリーをアクセントに咲かせました。 パイナップルリリーの華奢な花びらと細幅リボンを重ねて質感のあるふさふさに仕上げました。 左リースの色違い。こちらはリボンでなくヤーンとパイナップルリリーを重ね、ナチュラルテイストに仕上げました。

 

 

 
 
上段左から2番目のリースと色違い。アクセントの花はロイヤルオーキッド。レーン部には白のデルフィニウムで華やかに仕上げました。 ブーゲンの花向きを揃えた流れるような環のデザイン。デルフィニウムのふんわり感とウッドビーズの引き締めるラインでリズミカルに仕上げましょう。 左のリースの色違い。ブーゲンビリアの美しい発色をひき立てる配色で仕上げましょう。  

 

 


 

種類もカラーバリエーションも豊富になった新〈コモレア〉。葉ものも新たにラインナップされ、作品の幅がグンと広がりました。
夏のハワイアンなイメージだけでなく、通年とおしてご愛用いただけるフラワービーズ〈コモレア〉は、様々なクラフトシーンやスクールなどで多用されて
います。低予算での作品づくりにも大いに貢献。誰もが、花をもっと日常的に楽しんでいただける素材として、〈コモレア〉は進化していきます。